映画

カメラを止めるな動画無料視聴フル!笑って泣けるネタバレがヤバい!

2018/08/23

カメラを止めるな動画無料視聴フル

について、ご紹介していきます。

 

製作費300万円で

始めの上映する映画館が2つから

スタートしその後SNSで話題になり

今や人気の映画となった

映画「カメラを止めるな」

 

一見ホラーチックな内容ですが、

最後の30分間は笑い無しでは見られない

面白い展開にハマる人続出です!

 

この映画を無料視聴できる方法を

いくつかご紹介していきます。

 

実は芸人か映画監督かで

迷われたという

上田慎一郎監督についても

触れてお伝えしていきます。

 

<スポンサードリンク>


 

カメラを止めるなのあらすじ(動画付き)

 

 

監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールの《シネマプロジェクト》第7弾作品。短編映画で各地の映画祭を騒がせた上田慎一郎監督待望の長編は、オーディションで選ばれた無名の俳優達と共に創られた渾身の一作だ。

脚本は、数か月に渡るリハーサルを経て、俳優たちに当て書きで執筆。他に類を見ない構造と緻密な脚本、37分に渡るワンカット・ゾンビサバイバルをはじめ、挑戦に満ちた野心作となっている。

2017年11月 初お披露目となった6日間限定の先行上映では、たちまち口コミが拡がり、レイトショーにも関わらず連日午前中にチケットがソールドアウト。

最終日には長蛇の列ができ、オープンから5分で札止めとなる異常事態となった。

ベント上映が終わるやいなや公開を望む声が殺到。

この度、満を持して都内2館同発での劇場公開が決定した。

その後、国内では「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018」でゆうばりファンタランド大賞(観客賞)を受賞。インターナショナル・プレミアとなった「ウディネ・ファーイースト映画祭(イタリア)」では上映後5分間に渡るスタンディングオベーションが巻き起こり、アジア各国の錚々たるコンペ作全55作の中でシルバー・マルベリー(観客賞2位)を受賞。

1位は750万人を動員した韓国の大作「1987」であったが、その差は0.007ポイント差と肉薄した。

無名の新人監督と俳優達が創った”まだどこにもないエンターテインメント”を目撃せよ!

とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。

そんな中、撮影隊に 本物のゾンビが襲いかかる!大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。

”37分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイバル!”……を撮ったヤツらの話。

引用:http://kametome.net/introduction.html

 

見どころ(動画付き)

 

カメラを止めるな1

 

ゾンビ映画の撮影中演技指導に熱が入った監督は女優を怒鳴りつけ男優にビンタしてしまう

撮影は小休止となり女優と男優スタッフは談笑することになる

なんだか会話がぎこちないどうやら撮影現場はいわくつきの廃墟らしい

突然の物音に怯えているとなんと本物のゾンビが襲来するリアリティにこだわる監督はなぜかカメラ目線で撮影の続行を宣言

斧を振り上げてゾンビに対抗しようとするスタッフ逃げ惑う女優と男優そしてカメラを回し続ける監督

スタッフに腕をねじられた男優はちょっとカメラ止めて叫び女優はこんなところに斧がツイてるわなぜか棒読みで言い死んだと思ったスタッフは突然生き返るなにかがおかしい

そしていったん映画は終わりを迎えエンドロールが流れ始める

そう冒頭37分これは低予算で製作されたゾンビ番組だったのだ

物語は一カ月前に遡るバラエティ番組の再現ドラマの撮影監督をしている日暮隆之のもとに無謀な依頼が舞い込んでくる

新たに開局するゾンビ映画専門チャンネルゾンビ・チャンネル開局記念特別番組として30分ノーカット生中継のゾンビドラマONECUTOFTHEDEAD撮ってくれというのだ

集まったのは生意気なアイドル女優理屈っぽくて面倒くさい男優など一癖も二癖もあるメンバー

前途多難な撮影当日監督役の男優とスタッフ役の女優がなんと急遽欠席

このままでは生放送は中止になってしまう

追い詰められた隆之は監督役として自ら出演することに決め撮影の見学に来ていた元女優の晴美もスタッフ役で出演することになる真央は裏方に徹し現場スタッフとともに撮影を見守っている

そして前代未聞の生放送が始まる

それまでの鬱憤を晴らすかのようにアイドル女優を怒鳴りつけ理屈っぽい男優の頬をビンタした隆之

モニターの前では何も知らないプロデューサーたちが迫真の演技だと感心している

撮影現場で巻き起こる数々のトラブルはたして番組は無事放送を終えることができるのか

 

 

映画の評論で有名な宇多丸さんが

この映画の見どころを語ってくれています。

 

 

 

登場人物

 

濱津隆之

 

日暮隆之濱津隆之

速い安い質はそこそこモットーとする映像監督

気弱でおひとよしな性格

 

真魚

 

日暮真央真魚

隆之の

父と同じ映像制作の道に進みバイトをするもこだわりの強さからクビになってしまう

 

しゅはまはるみ

 

日暮晴美ゅはまはるみ

隆之の夫の良き理解者

元女優だが役に入り込みすぎてトラブルを起こし引退を余儀なくされた過去がある

 

 

監督 上田慎一郎プロフィールエピソードとインタビュー(音声動画付き)

 

上田慎一郎監督と

映画評論家の宇多丸さんとの

音声動画インタビューと

プロフィールと監督の性格を分かる

エピソードを紹介します。

 

 

 

カメラを止めるな7上田慎一郎監督

 

本  名:上田 慎一郎

生年月日:1984年4月7日

出 身 地 :滋賀県木之本町(現、長浜市木之本町)

身  長:163cm

血 液 型 :A型

職  業:映画監督

デビュー:2009年~

 

劇場版映画デビュー

初めての作品が

異例の大ヒットとなった

上田慎一郎監督は

情報番組ワイドナショーに出演し、

 

映画監督になるのか

お笑い芸人になるのか

 

どちらかでとても悩んだ

時期があったと

話してくれました。

 

また、ワイドナショーで

メインMCを務める

ダウンタウンの松本人志さんが

とても好きで、

 

ダウンタウンが

上田慎一郎監督の人生において

「世界で一番影響を受けている方」と

大きく影響した事を

番組内で語ってくれましたが、

 

肝心の松本人志さんはこの日

ワイドナショーを病気の為に

欠席するという不運に合いました。

 

それでも上田慎一郎監督は、

「松本さんに会えたら上がもうないな。

夢が無くなる。会いたかったけど

ちょっとホッとしてる自分もいた。

左手のシビレもすぐに収まったので」

と言っておちゃらけてくれました。

 

このエピソードからも想像できますが、

カメラを止めるなには

人を笑わせてくれる要素が

たくさん散りばめられてるなと

納得しました。

 

 

 

カメラを止めるなの評判

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カメラを止めるなを無料視聴フルする方法

 

カメラを止めるな2

 

カメラを止めるなを

無料視聴フルで観れる方法を

いくつかご紹介していきます。

 

自分の視聴スタイルに合った方法で

楽しんで下さいね。

 

動画配信サービス

 

動画配信サービスは

スマホやパソコンにテレビでも見れて

高画質で安全に見れるサービスです。

 

これらのサービスは

お試し無料期間が2週間から1ヶ月あり

その期間の特典を使い

実質無料で最新の映画作品を

見る事ができます。

 

映画「カメラを止めるな」も

この方法を利用し無料で映画を

すぐに見る事ができますよ。

 

カメラを止めるな5上田慎一郎監督

 

無料視聴可能な動画サービス一覧

動画サービス 無料期間 無料動画ポイント カメラを止めるなの動画配信
U-NEXT 31日間 600ポイント ×
TSUTAYAディスカス 30日間 1080ポイント ×
ビデオマーケット 初月 540ポイント ×
FODプレミアム 1ヶ月 1300ポイント ×
Hulu 2週間 なし(見放題) ×

 

現時点では動画配信されている

ところはありませんが、

映画の公開終了後のDVD化に合わせて

動画配信で見れる可能性があります。

 

動画配信された時は

更新して最新の情報をお届けします。

 

 

デイリーモーション(dailymotion)

 

デイリーモーションは

無料動画共有サイトになります。

 

無料で見る事もできますが、

画質がバラバラだったり

広告がたくさん入ったり

動画が途中で切れたりといった

事も出てくる可能性があります。

 

⇒デイリーモーション

 

パンドラ(pandora)

 

パンドラも

無料動画共有サイトになります。

 

こちらも画質がバラバラだったり

広告がたくさん入ったり

動画の時間が短かったりする

可能性があります。

 

⇒pandora

 

 

 

カメラを止めるなの感想(ネタバレ)

 

カメラを止めるな6

 

面白かったです冒頭37分は前振りで後半で怒涛の伏線回収がある二重構造の作品だとネタバレされた状態で見たのですが展開を知っていてもたくさん笑うことができましたし最後までしっかり楽しみました

ただやっぱり前情報ナシで見ることができた人たちが羨ましいです

冒頭37分は伏線だとわかって観ていたのであれなんだかおかしいな感じるシーンを見つけるたびにこれは後半でどのように伏線回収されるのだろう期待が高まりました

ぽん連呼など前半は前半で笑える部分がありましたしけっこう楽しめました

撮影準備のパートも登場するのは無名の俳優さんばかりだったとはいえ面白かったです

特に関西弁の女性プロデューサーのインパクトは抜群

アイドル女優のヨロシクデースには本当にイラっとさせられましたが真似したくなる決め台詞でしたアルコール依存症を患いながら娘への思いを語るおじさんも良い味出していました

なにより監督日暮隆之がいかにも良いひとそうで応援したくなるような魅力があって好感が持てました

晴美の舞台女優のような安定感存在感は安心して観ることができましたし真央のユニセックスな見た目もハマり役というかこういう女の子いるいるリアリティを感じられたので惹き付けられました

世の中にはまだまだ隠れた才能がたくさん眠っているんだなあよくもまあこんなに素敵な俳優さんたちを集めたものだなあ感心してしまいました

 

カメラを止めるな5

 

冒頭女優を怒鳴りつけた監督の台詞がなぜあんなにも真に迫っていたのか後半撮影が始まって全てに合点がいったとき爽快感で自然と笑ってしまいました

あの瞬間映画館内がどっと笑いに包まれて本当に楽しかったです

これは映画館で見るべき映画だ確信しました

出すんじゃない出るんだよあの監督の渾身の叫びがまさか娘の台詞だったとは

さすが親子同じスピリットを抱えていたんだなという小さな感動が湧きましたし気弱で温厚な監督の豹変っぷりには笑うと同時に共感できました

よくぞ言ってくれた拍手喝采したくなりました冒頭趣味を聞かれて護身術にハマっていると答えていたスタッフ

ゾンビから逃げ惑いながら画面の外からぽんというあの声が聞こえるたびに可笑しかったのですが撮影準備パートで晴美の趣味が護身術ということが明かされてこれはまさか思っていたらあのシーンまるごとアドリブだったとは

やられた思いました本当によくできた脚本で感心してしまいました

いかにもトラブルを起こしそうだったアルコール依存症の俳優が案の定お酒を飲んでゾンビ化してしまった展開には爆笑しましたし硬水を飲んで腹を下してしまった俳優さんにもさんざん笑わせてもらいました

脱糞しながら女性スタッフにメイクされて泣きだしてしまうシーンがあまりにもリアルでした

撮影は続けるカメラは止めないあれカメラ目線で叫んでるけどいいの思っていたらきっちり伏線回収されて裏で現場スタッフに的確にツッコまれていて笑ってしまいました

カメラについた血糊をハンカチで拭いたりカメラが地面に固定になったときはカメラマンに一体なにが起こっているんだろう思っていたのですがまさか気絶していたとは

カメラを持って走りだした女性カメラマンがあえてダサい撮り方をしてプロデューサーたちにカメラマン変わった気付かれるあたりも面白かったです

頭に斧が刺さったまま一瞬だけ生き返ったスタッフ彼女はなにを見たのか気になっていたのですがまさかの組体操で

何度も何度もマットの上に転んでしまう様子冷静になるとしつこいくらいの描写だったと思うのですが腹を抱えて笑いましたゾンビが斧を使うのは変じゃないか理屈をこねて現場を困らせていた男優が番組を成立させるために体を張る姿には感動しました

 

カメラを止めるな6

 

考えすぎはよくないよ声をかける監督の優しさにもニヤリとさせられました

あんなに生意気だったアイドル女優が必死に演技を続ける姿もだんだんと感動的に見えてきて映画のマジックを感じました

撮影の裏側で現場スタッフをまとめ上げて父親のピンチを救った真央最後の肩車には思わずぐっときました

まさかこの映画で涙腺が緩むとは思いもしませんでした

俳優たちのやりきった表情が印象的でしたこれは演技なのかそれともリアルなのかいつしか境目が曖昧になっていて不思議な感じでした

最後本物のエンドロールに突入し実際の撮影風景の様子を見せていくのも良かったです

映画って素敵だなあと心から思える作品でした

 

 

 

まとめ

 

以上で

カメラを止めるな動画無料視聴フル

について、ご紹介しました。

 

この映画にハマる人は

中毒性がある内容なので、

何度も見返したくなる作品です。

 

映画館で見てまた見たくなったら

スマホや家のテレビなどで

映画公開後であれば

視聴する事が可能になりますよ。

 

 

それでは人気映画を

楽しんでいきましょう!

 

全ての記事一覧(もくじページ)に戻る

トップページに戻る

 



こんな記事もよく読まれています!

-映画