映画

デメキン映画の動画無料視聴!

2018/05/24

デメキン映画動画無料視聴

について、ご紹介していきます。

 

話題の映画「デメキン」が

視聴可能になる

おすすめの方法に

 

人気映画もたくさん見れる

お得な情報もお届けします。

 

<スポンサードリンク>


 

デメキンの動画を無料視聴する方法

 

 

デメキンを

無料で見れる裏技があります。

 

その裏技とは

レンタルショップ大手の

TSUTAYA動画サービス

30日間無料お試しを利用

する事です。

 

TSUTAYA動画サービスi

出典:https://www.discas.net/netdvd/entrance/campaign42.html?CID=&AP=campaign42&SITE=movie_a48_n_af00_vcm_01_000021

 

TSUTAYA動画サービスでは

映画デメキンが楽しめます!

 

その方法は

お試し期間に貰えるポイントを使い

動画配信でデメキンを見る事です。

 

現時点でDVDレンタルは

新作扱いなので

お試し期間で見れません。

(2018年4月現在)

 

なので、

スマホやパソコンで簡単に見れる

動画配信でお試し期間に

デメキンを楽しんで下さいね。

 

 

TSUTAYA動画サービスは

他の動画サービスとは違い

動画の視聴だけでなく、

 

DVDの宅配

レンタルサービスまで

付いているのが、

大手レンタルショップの

強みです。

 

TSUTAYA動画サービスi1

出典:https://www.discas.net/netdvd/entrance/campaign42.html?CID=&AP=campaign42&SITE=movie_a48_n_af00_vcm_01_000021

 

30日間の無料期間であれば

動画見放題+DVDレンタルもできる

という至れり尽くせりのサービスで、

家にDVDショップが

ある状態になりますよ。

※新作・準新作などを除く動画見放題対象作品 (約8,000タイトルの中から)無料期間中、DVD新作は借り放題の対象外です。

 

さらに

DVDレンタルの良い所は

返却期限が無い!

という事。

 

普通レンタルしたら

返却期限がありますよね?

 

しかし、このサービスだと

返却期限が無いので、

好きな時に返却できますよ。

 

作品は大手だけに

他社のサービスを圧倒する

50000作品以上があり、

 

正直、30日間では

とても見られないぐらい

たくさんの作品が

無料で楽しめます。

 

もちろん

無料期間の途中で

解約する事もでき、

 

解約の料金は

一切掛からないので、

安心してお試しでます。

 

TSUTAYA動画サービスi2

出典:https://www.discas.net/netdvd/entrance/campaign42.html?CID=&AP=campaign42&SITE=movie_a48_n_af00_vcm_01_000021

 

デメキンが見れて、

DVDショップが家にあるような

感覚で30日間無料

TSUTAYA動画を賢く利用して

お得に楽しみましょう。

 

実際に私も

利用してみて

DVDレンタルを

お願いしましたが、

 

翌日に発送されて

すぐに届きました。

 

私の場合は無料期間で

とても満足したので、

ちゃっかり今でも

契約を続けています。^^:

 

やっぱり

返却期限が無いのが

焦らずに返せるので

嬉しいです。

 

正直、

ツタヤオンラインサービスの

作戦にハマっちゃいましたね(笑)

 

このキャンペーンは

いつまで続くのか分からない

特典なので、このチャンスを

今のうちに賢く利用しましょう。

⇒30日間の無料お試しはコチラ(ツタヤオンラインサービス)

 

新作・準新作は

ポイント購入での

視聴が必要ですが、

 

無料期間に1080ポイント

貰えるので、

 

そのポイントを使い

新作・準新作が2作品ほど

お金を掛けずに見る

事ができますよ。

 

デメキンのDVDレンタルは

現時点で新作なので(2018年4月現在)

動画配信でポイントを使い

視聴する事ができます。

(旧作になればDVDレンタルも可能)

 

 

 

デメキンのあらすじ

 

 

バッドボーイズ・佐田正樹の実録自伝小説を映画化した青春アクション。幼少期からデメキンと呼ばれ、いじめられていた佐田はある日、「強くならなきゃ」と覚悟を決める。それ以来腕っぷしが強くなった彼は、喧嘩で敵なしの存在になっていく。

引用:https://movie-tsutaya.tsite.jp/netdvd/dvd/goodsDetail.do?titleID=3649826554&pT=null

 

 

 

デメキンの評判

 

流血と笑顔の矛盾と狂気最高

 

 

こんなにかわいいふたりだけど・・・

 

 

普通に映画だから…

 

 

上映館、増えないだろうか

 

 

勇気を出して‥

 

 

 

 

デメキンの予告動画のバリエーションが凄い

 

映画デメキンの予告動画の

バリエーションがいくつかあるので、

ここにまとめました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これらの

予告動画をみるだけで

デメキン見たい度が

上がりますよね!

 

 

イケメンに美女も揃い

バリバリの博多弁で

不思議と血が騒いできます!

 

 

しかも今回のDVD発売で

映画公開時に出ていた

上映館が少ないから見れない

といった不満も解消されます。

 

 

でも、デメキンは

ただのヤンキー映画では

収まりきれない要素と

楽しみ方が詰まっているので、

 

もし、お近くに映画館で

上映されていたら

まずは映画館で見る事を

おすすめします。

 

 

 

デメキンの感想

 

デメキン 映画1

 

ギャップが良かった!

 

健太郎君の演技が

とてもギャップがあり

新鮮でキレイな部分が

とても光った映画で

大満足です。

 

 

内容も仲間の為に

やられたらやりかえす

というヤンキーとは

こういうものです

といった映画で、

 

ストレートな表現が

見ていて気持ちよかったです。

 

 

原作とはちょっと違う内容

 

所々が原作と内容が

違ったり端折っている所に

違和感を感じたが、

 

16巻も出ている原作を

よく2時間に収めたのだと

思うと仕方がないかも。

 

今の時代に中々見れない

ヤンキー物の映画や

健太郎くんや山田裕貴くんが

好きな方にはおすすめの映画。

 

 

 

素直に仲間の為にバカになる青春映画

 

とにかく自分の気持ちに正直で

仲間の為なら後先考えずに

ひたすら突き進む人間模様が

見ていてスカッとした。

 

大人になった私にとっては

いくつになっても

この映画のように

バカ正直でいたいなという

気持ちにさせてくれました。

 

 

デメキン 映画2

 

 

私のベスト映画3に入る名作

 

突っ走ってて

笑って泣ける

ぶっ飛んだ映画。

 

原作の映画化で

さらに面白く

表現されており

 

原作とは違った

楽しみ方ができたので、

 

この映画化は成功だったと

思うし私の映画ベスト3に入る

名作になりました。

 

 

何度見ても楽しめる映画

 

私はこの映画

何度も足を運んで

見ているのですが、

毎回感動してしまいます。

 

特にラストシーンがステキで

終わり方が気持ちよく

何度見てもその感動が

色あせません。

 

映画なので

役者の方は役を演じている

だけなはずなのに

 

どの役者の演技も

演じているのではなく

自然体でドキュメンタリー

かと思うぐらいどの役も

ハマっていました。

 

ケンカ上等の

ヤンキー映画ながら

見ていて

心があったかくなりました。

 

 

 

デメキン出演者の作品も見れる!

 

TSUTAYA動画では

デメキン出演者の他の

映画ドラマ作品などが

お試し期間で見れますよ。

※新作や動画配信されてない作品は対象外です。

 

 

健太郎

健太郎

アシガール サクラダリセット 先生! 、、、好きになってもいいですか?
チア☆ダン 昼顔 14の夜
レンタルの恋 パパ活 グッドモーニング・コール
私結婚できないんじゃなくて、しないんです 映画「俺物語!!」 東京喰種 トーキョーグール
海街diary 高台家の人々 あやしい彼女
ナラタージュ 永遠の0 予告犯

 

 

山田裕貴

山田裕貴

破裏拳ポリマー 闇金ドッグス 闇金ドッグス2
闇金ドッグス4 闇金ドッグス6 3人のパパ
ライヴ 海賊戦隊ゴーカイジャー 亜人
映画「闇金ウシジマくんPart3」 ぼくは明日、昨日のきみとデートする あゝ、荒野
トモダチゲーム 劇場版 トモダチゲーム 劇場版FINAL ストロボ・エッジ

 

 

柳俊太郎

柳俊太郎

箱入り息子の恋 ストレイヤーズ・クロニクル 代償
5つ数えれば君の夢 勝手にふるえてろ 仮面ティーチャー
赤い季節 昼も夜も 黒服物語
風のたより オー・マイ・ジャンプ! いつかティファニーで朝食を

 

 

今田美桜

今田美桜

帰ってきたバスジャック

 

 

高橋里恩

高橋里恩

 

 

お宝?今田美桜の幻過ぎる映画作品がおすすめ!

 

今田美桜さん

実はある芸人さんが主演の

マニアックな映画に出演

していたのを知ってますか?

 

 

その名も

「帰ってきたバスジャック」

この映画実は続編で

両作共にコケている感じです。

 

帰ってきたバスジャック

出典:TSUTAYAディスカス

 

主演はココリコの

遠藤章造さん。

 

最初の作品が不評ながらも

あるバラエティー番組で

1作目の映画が取り上げられた事で

続編を作りました。

 

 

映画の質的には

B級感満載の内容と演出で

遠藤章造さんのクサい演技が

堪能できます(笑)

 

 

 

しかしその作品に

実は今田美桜さんも

出演しており、

 

注目される直前の

今田美桜さんが見れます。

 

 

多分、今後

B級チックな映画に

出演する機会も

少ないと思うので、

 

ちょっとしたお宝気分で

視聴するのもありだと思いますよ。

 

 

ご紹介した作品は

記事作成時の情報です。

最新の配信情報は

公式サイトでご確認ください。

 

 

 

TSUTAYA動画を利用するべき7つの理由

 

TSUTAYA動画サービスを利用する

7つの理由をご紹介します。

 

 

・ネット動画とDVD・CDレンタルが利用できる

・新作作品も無料の有料ポイントで2作品見れる

・8000タイトルの動画が見放題

・旧作のDVD・CDが借り放題(24000作品以上)

・DVD・CD返却の期限がない(延滞金無料)

・30日間無料でお試しできる

・無料お試し後に有料会員になるとDVDの新作が8枚借りれる

 

 

といった理由で

ネット配信動画とDVDにCDまで

お試し期間で借り放題になるのは、

 

他の動画サービスにない

TSUTAYAさんだからできる

サービスになります。

 

 

しかしながら

こんなにメリットだらけ

というのは嘘くさいですよね。

 

実際に評判も見てみましょう。

 

 

 

 

 

 

といったような

評判が見られました。

 

そこで分かったデメリットは、

新作は見れないわけではないが

たくさんは見れない事や

有料会員になったさいの

月額料金(2417円)が高い

といった声も聞かれました。

 

 

これらの

メリット・デメリットを

まとめると、

 

新作は少し見れて

旧作の作品をたくさん

見たい方にはピッタリのプラン

だという事が見えてきました。

 

 

また、有料会員を

すでに考えている方は

新作のDVDも8本まで

借りられるというのも

嬉しいサービスですよね。

 

 

みなさんの視聴スタイルは

いかがですか?

 

自分の楽しみ方と比べて

このサービスを利用するか

しないかを考えて見て下さいね。

 

 

 

動画共有サイトは安全?大丈夫?

 

映画を見るときに

動画共有サイトの視聴は

安全で大丈夫なのか

気になりますよね。

 

いきなりですが、

結論から言いますと

違法になります。

 

その理由がこちらのCMで

有名俳優さんが言っています。

↓  ↓  ↓

 

このCMで言っているように

アップロードする方が

違法の対象になりますが、

 

同じく視聴する人がいるから

こういう人たちが存在する事も

事実であります。

 

ですので、

違法行為を応援しないよう

動画共有サイトでの視聴は

やめておいた方がいいでしょう。

 

最近は動画共有サイトでも

すぐに削除するように

なっているので、

 

仮に見ようと探しても

基本的には見つかりません。

 

また、画質も悪く

たくさんの広告が出たり

最悪の場合、

 

ウイルスに感染する

可能性もあるので、

 

ドキドキしながら利用する

ぐらいでしたら、

安心の動画サービスを使って

高画質でストレスなく

視聴する方がおすすめですよ。

 

 

 

まとめ

 

以上で

デメキン映画動画無料視聴

について、ご紹介しました。

 

 

「デメキン」は(お試し期間は旧作のみ視聴可能です)

TSUTAYA動画サービスで

視聴する事ができるようになります。

まずはお試し期間を利用してみましょう。

⇒30日間の無料お試しはコチラ(ツタヤオンラインサービス)

 

 

それでは人気ドラマを

楽しんでいきましょう!

 

全ての記事一覧(もくじページ)に戻る

トップページに戻る

 

<スポンサードリンク>


こんな記事もよく読まれています!

-映画